第1回・第2回目は佐藤勝昭師範(王道空手 佐藤塾宗師)です。  
第3回・第4回目は東孝大道塾・塾長にご登場願いました。
  
第5回・第6回目は国際空手道 円心会館・館長二宮城光師範にご登場願いました
第7回・第8回目は国際空手道連盟 極真会館 連合会・主席師範、長谷川一幸師範の登場です。

第9回・第10回目は第8回全日本大会優勝、現在、新極真会秋田本荘道場を主宰している佐藤俊和師範の登場です。


第11回・第12回目にお会いしたのは第15回全日本大会準優勝、小笠原和彦師範です。第15回大会で優勝した先輩でも
ある故・大西靖人師範との時間無制限1本勝負となる前代未聞の決勝戦のいまだから明かせる真相や小笠原師範の口から
語られる大山倍達総裁の生々しいエピソードの数々を聞いてきました。
小笠原師範は自分が若かりしころ、極真会館神奈川支部の大和分支部長を務めていたときに入会してきた生徒でもあり、年が
同じで大学もいっしょだったために、一緒にご飯を食べたり帰りの電車のなかでいろいろな話しをしたりしました。
その後、自分は極真会館神奈川支部から佐藤塾を経て勇志会空手道を興し、かたや小笠原師範は同じく極真会館神奈川支部から
城西支部に移籍し第15回全日本大会で準優勝した後、吉祥寺分支部長に就任。諸事情により極真会館を退会したあと、現在は
プロレスラーとして汗をかく毎日です。
極真会館神奈川支部を離れてから、それぞれ別の道を歩いてきて、久しぶりに会って語り飽かし本当に楽しい時間を過ごすことができました。
優勝、準優勝を独占した故・大西靖人師範と小笠原師範のトレーニング方法。プロレスラーの真の素顔など自分も初めて聞く興味深い
話しが多かったです。ぜひ一読をお勧めします。
前編」「後編」とわけて第11回目「前編」は6月23日発売号、第12回目「後編」は7月23日発売号に掲載となります。

小笠原師範とともに。旧・極真会館総本部裏の西口公園にて。