第1回・第2回目は佐藤勝昭師範(王道空手 佐藤塾宗師)です。  
第3回・第4回目は東孝大道塾・塾長にご登場願いました。
  
第5回・第6回目は国際空手道 円心会館・館長二宮城光師範にご登場願いました
第7回・第8回目は国際空手道連盟 極真会館 連合会・主席師範、長谷川一幸師範の登場です。

第9回・第10回目は第8回全日本大会優勝、現在、新極真会秋田本荘道場を主宰している佐藤俊和師範の登場です。
第11回・第12回は第15回全日本大会準優勝、足技の魔術師と称えられた小笠原和彦師範のご登場です。
第13回・第14回目は番外編として正道会館、角田信朗最高師範にご登場願いました。
第14回・第15回目は第20回全日本大会優勝。昭和最後のチャンピオンとなった桑島靖寛師範にご登場願いました。
第17回・第18回目は番外編として士道館、士魂村上塾、村上竜司塾長にご登場願いました。
村上塾長は現役時代、士道館全日本3連覇、POINT&K.O.全日本優勝をはじめグローブでは
トーワ杯優勝、そしてK-1とさまざまなジャンルでトップとして活躍した名選手でした。
POINT&K.O.第7回全日本空手道選手権大会の決勝戦では自分と村上塾長との間で決勝戦が
争われ、自分としては自信を持って試合に臨んだのですが、なかなか決着がつかず3回目の延長
で判定で破れて村上塾長がチャンピオンとなりました。
当時は大変悔しい思いをしたのですが、それもいまとなってはいい思い出となっています。
現在、村上竜司塾長は板橋区常盤台にて士魂村上塾という道場を立ち上げ子供の指導から一般
そしてキックボクサーまで幅広く指導されています。ぜひ、一読をお勧めします。
前編」「後編」とわけて第17回目「前編」は1月23日発売号、第18回目「後編」は2月23日発売号
に掲載となります。

             村上塾長との対談。なつかしい再開でした。