2003年度、2004年度、2005年度、2006年度、2007年度、2008年度、2009年度、2010年度、2011年度、2012年度、2013年度、2014年度、2015年度、2016年度、2017年度、2018年度および本年度の大会結果です。下のボタンをクリックして下さい。

※東都空手道選手権大会、日本国際空手協会全日本空手道選手権大会、日本国際空手協会 全日本ジュニア空手道選手権大会については、それぞれのボタンをクリックして下さい。

2019年度大会結果

第14回北斗カップ空手道交流大会

日時   10月13日(日)
会場   サンライフ川越
主催   我流空手道 北斗會
小学1年生Bクラス
準優勝  高田凌利(総本部)

高田凌利君{写真左)はじめて盾をもらうことが出来ました。
よく頑張りました。おめでとうございます。

第11回勇真カップ空手道選手権大会

10月6日(日)
主催  真勇
会場  三郷市勤労者体育館
小学6年中級の部
優勝 三浦粋翔(川越支部)
中学2・3年男子上級の部
優勝 三浦輝志(川越支部)

三浦兄弟ダブルで優勝!!大健闘でした

JIKA第2回全日本空手道選手権大会&2019クラス別ジュニア空手道選手権大会

日時  9月23日(月・祝)
会場  川崎市とどろきアリーナ・メインアリーナ
JIKA第2回全日本空手道選手権大会
一般女子重量級
第3位  樋口梨乃(総本部)
シニア男子(38歳以上)重量級
第3位  堤義明(上石神井道場)
小学5年生男子重量級
第3位  槇田凌万(神奈川県本部)
2019クラス別ジュニア空手道選手権大会
小学6年生・中級クラス
第3位  菅谷匠汰(川越支部)
小学6年生・初級クラス
優勝   三浦粋翔(川越支部)

左から堤義明、樋口梨乃


全日本3位槇田凌万

左から三浦粋翔、菅谷匠汰
今回は全日本大会で3名、クラス別
ジュニアで2名の入賞者を出しました。
おめでとうございます。
また、惜しくも負けた選手もよく
健闘しました。

次の3件 »


勇志会空手道の
ブログ