勇志会とは

勇志会とは 勇志会の歴史
2013・12・22 勇志会空手道 新・総本部道場落成式にて
勇志会とは
代表:松井宣治(Nobuharu Matsui
勇志会とは、勇気の「勇」と「志」とを合わせて「勇志会」と名付けました。
空手を稽古し強くなることで、常に「勇気」を失わず、「志」を高くもった人間になってほしい。勇志会空手道がそのための手助けになれば...。そういう思いが込められています。胴着の胸マークに書かれている勇志会の文字は単なる飾りではなく、勇志会空手道を学ぶうえでの貴重なメッセージであり理念でもあります。
一般ビジネスマンの運動不足解消、女性のシェイプアップ、全身運動等の目的で、また各種空手大会出場希望者や武道としての空手を学びたい方など、多くの道場生が日々楽しく稽古に励んでいます。総本部、神奈川県本部ではサンドバック、ウエイトトレーニング器具等が完備しているため稽古後に 自由にトレーニングしていただくことができます。
(支部におかれましては直接、各支部にお問い合わせください。)
ここ数年では、礼儀作法をみにつけてほしい、精神的に強くなってほしいというご父兄が多く幼年・少年少女の入会者が増えているのも勇志会空手道の特徴です。
このように勇志会空手道では様々な目的にあった練習・稽古を行っており、どなたでも気軽に参加することができます。現に当道場では運動不足解消のために空手を始めたのに、今では大会に出場しているといった人達も沢山います。皆様の参加を道場生一同お待ちしています。

☆無料体験入会:事前にご連絡いただければ無料で一日体験入会が出来ます。お気軽にお申し出ください。

勇志会の歴史→



勇志会空手道の
ブログ