2011年度 大会結果
2月6日(日)
極真空手グランプリ2011
場所      千葉ポートアリーナ・メインアリーナ
主催      極真会館千葉田中道場
一般男子上級・重量級
準優勝     寺田年樹(総本部)
一般女子の部
優勝      安藤真奈美(総本部)
準優勝     高橋比沙子(総本部)
小学4年生・女子の部
準優勝     樋口梨乃(総本部)
小学1年生・女子の部
第3位     山ア樹璃(総本部)
           入賞者一同
初参戦となった極真空手グランプリ、よく健闘して
優勝1名をふくむ5名の入賞者を出すことができました。
2月20日(日)
第7回精鋭会ジュニア空手道大会
場所    埼玉県入間市武道館
主催    日本国際空手協会 精鋭会
中学生女子
敢闘賞    万木春菜(所沢支部)
小学5年・男子
優勝      田代悠多(総本部)
小学5・6年・女子
準優勝    小倉璃桜(川越支部)
小学4年・男子
優勝      清水丈太郎(川越支部)
小学3年・男子
ベスト8賞  クレイバン・ケイン(総本部)
   2名の優勝者を含む5名の入賞者を出しました。勝った子も負けた子も
   よく頑張りました。
3月6日(日)
第13回ジャパンカップジュニア空手道選手権大会
場所     横浜国際プール
主催     空手道MAC
小学5年・男子の部37kg未満
第4位   田代悠多(勇志会)
小学5年・女子の部37kg以上
第4位   高橋るみか(神奈川県本部)
小学4年・女子の部32kg以上
優勝    樋口梨乃(総本部)
   頑張って3名の入賞者を出すことができました。
樋口梨乃選手はレベルの高い本大会で5連覇を達成しました。
4月16日(土)・17日(日)
場所   代々木第2体育館
主催   POINT&K.O.ルール協会(王道空手 佐藤塾)
第7回全日本少年少女空手道選手権大会
小学4年生・女子クラス
準優勝    樋口梨乃(総本部)
  樋口梨乃選手、決勝戦再延長までいく接戦でしたが惜しくも準優勝でした。
第26回全日本空手道選手権大会
優勝     杉澤一郎(横浜支部)
 
  杉澤一郎選手、多くの強豪選手を打ち破って本大会2度目の優勝を飾ることが出来ました。
5月15日(日)
第10回全国ジュニア空手道選手権大会
場所       横浜文化体育館
主催       極真会館坂本道場
小学6年男子上級40kg未満
敢闘賞(ベスト8)   田代悠多(総本部)
小学5年女子上級
優勝           樋口梨乃(総本部)
 2名の入賞者を出しました。勝った子も負けた子もよく健闘しました。
5月22日(日)
第18回風林火山空手道選手権大会
場所      埼玉県日高アリーナ
主催      日本国際空手協会 昭武館
一般上級の部・重量級
優勝      山口 亮(川越支部)
一般女子の部シュウ
優勝      砂川貴蘭(総本部)
準優勝     高橋比沙子(総本部)
小学2年生の部
優勝      清水翔太郎(川越支部)
第3位     山崎樹璃(総本部)
ベスト8賞   高橋柊継(総本部)     佐野公俊(総本部)
今回は優勝3名を含む7名の入賞者がありました。
上級の部。重量級優勝の山口 亮(川越支部)選手は再延長まで苦しみながらも
見事初優勝を飾り、第15回全日本大会のシード権を獲得しました。
5月29日(日)
2011白蓮会館全関東空手道選手権大会
場所   代々木第2体育館
主催   白蓮会館総本部
一般男子・有段の部
第3位     重信洋一(所沢支部)
重信洋一・所沢支部長が参戦し見事3位に入賞しました
6月19日(日)
第21回東都空手道選手権大会
場所    川崎市とどろきアリーナ・メインアリーナ
主催    日本国際空手協会 勇志会空手道
一般の部
重量級
準優勝    小泉拓深(上石神井道場)
第3位     山口 亮(川越支部)
女子クラス
優勝     安藤真奈美(総本部)
第3位    高橋比沙子(総本部)    砂川貴蘭(総本部)
シニアクラス
第3位    大華久真一(厚木支部)
新人の部
中級・重量級
準優勝  高橋博司(神奈川県本部)
シニアクラス・軽量級
第3位   土木田靖(八街支部)
今回は総勢8名の入賞者を出すことが出来ました。特に一般・女子クラスは優勝を含む
3名がベスト4に入るという快挙を成し遂げました。
7月24日(日)
第1回全中部空手道選手権大会
場所    可児錬成館
主催     日本国際空手協会 全中部大会実行委員会
一般の部・重量級
準優勝    小泉拓深(上石神井道場)
1名の参加となりましたが準優勝に輝くことが出来ました。
8月6日(土)
第1回JKJO埼玉県ジュニア空手道選手権大会
場所  川越運動公園総合体育館メイン・アリーナ
主催    空手道MAC埼玉支部合同
中学女子55kg未満 
優勝     砂川貴蘭(総本部)
砂川貴蘭選手は優勝と同時に第5回JKJO全日本ジュニア空手道選手権大会
の出場権を獲得することが出来ました。
8月14日(日)
第12回カルビー全国ジュニア空手道選手権大会
第8回カルビー全国女子空手道選手権大会
場所     神奈川県・平塚総合体育館
主催     国際武道連盟 極真空手 清武会
一般・女子中重量級
第3位     高橋比沙子(総本部)
頑張って第3位に輝くことが出来ました。
9月4日(日)
第28回国際総合空手道全日本選手権大会
場所     東京スポーツ文化館
主催     国際総合空手道連盟
一般男子・軽量級
第3位    橋本健二(所沢支部)
中学男子・中重量級
第3位    樋口尚行(総本部)
小学6年男子
第3位    田代悠多(総本部)
小学5・6年女子
優勝     樋口梨乃(総本部)
準優勝   照喜名琉衣(神奈川県本部)
第3位    高橋るみか(神奈川県本部)
小学1・2年女子
優勝    山崎樹璃(総本部)
幼児
第3位   藤原愛梨(神奈川県本部)
            入賞者一同、みんなうれしそうです。
一般部・少年部あわせて8名の入賞者を出すことが出来ました。みんな精一杯頑張りました。
9月4日(日)
第6回北斗カップ空手道選手権大会
小学生6年生の部
準優勝      渡辺 響(川越支部)
小学生5年生の部
準優勝     清水丈太郎(川越支部)
小学生2年生の部
優勝      清水翔太郎(川越支部)
小学生1年生の部
準優勝     関口悠斗(所沢支部)
北斗会の大会は何試合か経験できるシステムになっておりいい経験ができました。
頑張って4名の入賞者を出すことが出来ました。
9月19日(月)
第5回JKJO全日本ジュニア空手道選手権大会関東地区代表最終選抜大会
場所     川崎市とどろきアリーナ・サブアリーナ
中学生・男子55kg未満
準優勝   小川隼斗(神奈川県本部)
小学6年生・男子40kg未満
準優勝   田代悠多(総本部)
小学5年生・男子35kg未満
優勝    清水丈太郎(川越支部)
小学2年生・女子
準優勝   山崎樹璃(総本部)
4名の入賞者は、よく頑張りました。4名とも第5回JKJO全日本ジュニア空手道選手権大会
の出場権を獲得することが出来ました。
10月8日(土)
第19回勇志会空手道交流試合
場所     勇志会空手道神奈川県本部
一般クラス
優勝     志田康行(正吾塾)
準優勝    肥塚健朗(正吾塾)
A-1クラス
優勝     山崎樹璃(総本部)
準優勝   高橋柊継(総本部)
A-2クラス    
優勝     森泉寛之(横浜支部)
準優勝    高橋一慶(総本部)
第3位    小又楓(神奈川県本部)
        石崎弘修(北斗会)
A-3クラス
優勝     田代悠多(総本部)
準優勝   清水丈太郎(川越支部)
第3位    樋口梨乃(総本部)
        高橋るみか(神奈川県本部)
B-1クラス
優勝    川島敦希(八街支部)
準優勝   内田 実(総本部)
第3位   藤原愛梨(神奈川県本部)
       前田 蓮(神奈川県本部)
B-2クラス
優勝    尾崎比世里(横浜支部)
準優勝   中村航喜(八街支部)
第3位   大場康介(八街支部)
       南須原大吾(神奈川県本部)
B-3クラス
優勝    前田幹太(神奈川県本部)
準優勝   江川修斗(八街支部)
第3位    田沢雄祐(神奈川県本部)
       菅原健太郎(総本部)
B-4クラス
優勝    尾崎柚比(横浜支部)
準優勝   上野龍弥(横浜支部)
                  一般クラス・Aクラスの入賞者一同
みんな普段の稽古の成果を発揮しよく頑張りました。特にAクラスは白熱した試合が多く見受けられました
10月15日(土)
第3回全日本空手道選手権大会(小学生の部)
場所     代々木第2体育館
主催     極真会館坂本道場
小学5年生40kg未満
優勝     樋口梨乃(総本部)
小学2年生
第3位    山崎樹璃(総本部)
2名の出場でしたが優勝と3位と好成績を残しました。
11月6日(日)
第15回全日本空手道選手権大会・第6回全日本クラス別空手道選手権大会
場所     川崎市体育館
主催     主催    日本国際空手協会
第15回全日本空手道選手権大会
優勝     杉澤一郎(横浜支部)
第3位    下地丈矢(上石神井道場)
第4位    重信洋一(所沢支部)
第6回全日本クラス別空手道選手権大会
中学生男子・重量級
準優勝    樋口尚行(総本部)
第4位     鈴木滉平(神奈川県本部)
女子クラス
準優勝     高橋比沙子(総本部)
  上左から杉澤一郎、下地丈矢、 重信洋一、下左から 樋口尚行、高橋比沙子、鈴木滉平
今回は、優勝から第4位までのうち準優勝を除く3名が勇志会で独占するという快挙を成し遂げました。
杉澤一郎選手は第13回大会、第14回大会に続き3連覇の偉業を達成することが出来ました。
第6回全日本クラス別では中学生男子・重量級と女子クラスで準優勝と優勝まであともう一歩でした。
11月20日(日)
POINT&K.O.関東選抜少年少女空手道選手権大会
場所     東京都体育館サブ・アリーナ
主催     空手道POINT&K..ルール協会
小学5年生・女子
優勝    照喜名琉衣(神奈川県本部)
小学4年生・男子
準優勝  クレイバン・ケイン(総本部)
小学3年生・女子
第3位  竹内栞萌(総本部)
小学2年生・男子
優勝    高橋柊継(総本部)
優勝2名を含む4名の入賞者を出すことが出来ました。この4名は来年4月におこなわれる
第8回全日本少年少女空手道選手権大会の関東代表に選出されました。
来年の全日本大会もぜひ優勝目指して頑張ってほしいと思います。お疲れ様でした。
第5回JKJO全日本ジュニア空手道選手権大会
場所  川崎市とどろきアリーナ・メインアリーナ
主催   JKJOフルコンタクト委員会
小学5年生・女子
準優勝   樋口梨乃(総本部)
第1回大会から4年連続優勝している樋口梨乃選手でしたが、今回は惜しくも決勝にて敗れて
しまいました。ただ、その実力は全国で高く評価されていますので、今回は残念でしたがここから
さらに精進を重ねてもらいたいと思います。
第10回国際親善レディース&シニア空手道選手権大会
場所   愛知県・露橋スポーツセンター2Fメインアリーナ
主催   極真会館 中部総本部
レディース一般軽量級
準優勝   安藤真奈美(総本部)
第3回極真連合杯世界空手道選手権大会日本代表の掛かったこの大会。残念ながら決勝戦にて
敗退しましたが、準優勝のため見事その代表権を獲得することが出来ました。おめでとうございます。
来年の世界大会での活躍を期待しています。
11月23日(水)
第1回空手道選手権東京大会
場所    練馬区光が丘体育館
主催    極真会館 石神井公園道場
一般・男子
第4位   橋本健二(所沢支部)
小学2年生・初級上級混合
準優勝   清水翔太郎(川越支部)
第3位   高橋柊継(総本部)
今回は、埼玉の支部の生徒の活躍が目立ちました。
よく頑張りました。
 (左)清水翔太郎君、(右)高橋柊継君
12月25日(日)
第9回全日本ジュニア空手道選手権大会
場所       練馬区光が丘体育館
主催       日本国際空手協会
男子小学6年生・初級
優勝    金子 慎(川越支部)
女子小学6年生
第3位   高橋るみか(神奈川県本部)
男子小学5年生・上級
準優勝   清水丈太郎(川越支部)
男子小学5年生・初級
準優勝   森泉寛之(横浜支部)
女子小学5年生
優勝    樋口梨乃(総本部)
男子小学4年生・中級
優勝    石川玲樹(横浜支部)
男子小学2年生・上級
準優勝   清水翔太郎(川越支部)
女子小学2年生
優勝    山崎樹璃(総本部)
今年、最後となった本大会、みんなよく健闘して3名の優勝を含む8名の入賞者を出すことができました。
勝った子も負けた子もみんな一生懸命頑張りました。