極真王者・魂の系譜はこちらをご覧ください。

第1回目・第2回目・第3回目は小林由佳さんと西山亨師範にご登場願いました.。

第4回目・第5回目はキック界のチャンピオン猪狩元秀師範にご登場いただきました。
第6回目・第7回目・第8回目は東孝・大道塾塾長と小笠原和彦師範を再度ゲストに迎えてご登場願いました。
第9回目・第10回目・第11回目は新極真会第7回世界大会優勝、岡本徹師範にご登場いただきました。
第12回・第13回・第14回目は西久保光弘、精鋭会館長と元キックボクシング・フライ級王者、
松田利彦氏にご登場願いました。

第15回・第16回・第17回目はK-1のリングで長年、日本のエースとして活躍し2003&2004Kー1ワールド
グランプリ準優勝の武蔵選手と弟・TOMO選手のおふたりにご登場願いました。

第18回・弟19回目は本連載としては初めてとなるプロボクシング世界チャンピオン、第20代WBA世界スーパー
フライ級王者清水智信選手にご登場願いました。

第20回目・第21回目・第22回目は日本国際テコンドー協会(ITFテコンドー)第一人者である徐萬徹
(ソ・マンチョル)師範にご登場願いました。

第23回・第24回・第25回目は新極真会主催第2回カラテワールドカップ軽量級優勝、現・空手格闘技
スタジオ宮野道場、宮野孝裕代表にご登場願いました。

26回目・第27回目・第28回目は、正道会館全日本大会初三階級制覇を達成した沢田秀男正道会館横浜
本牧支部長にご登場願いました。

第29回目・第30回目・第31回目は、日本国際空手協会主催全日本空手道選手権大会4連覇、渡邊道場を
主宰する渡邊将士師範と、新極真会カラテワールドカップ日本代表に選出された木村敬代さんにご登場願いました。

第32回目・第33回目・第34回目は、白蓮会館主催第15回全日本空手道選手権大会重量級優勝、POINTK.O.
第3回国際大会優勝、テコンドー全日本大会、通算4回優勝の
大上會、大上忠伸會長にご登場願いました。

第35回目・第36回目・第37回目は、「魂の系譜 外伝」として1988年4月2日に東京・両国国技館
で開催された『「格闘技の祭典」の記憶』という題名で、その格闘技の祭典の『空手リアルチャンピオン決定
トーナメント』
に出場した白蓮会館・杉原正康館長、真樹道場・後藤介宣副代表、同じく真樹道場・安里昌明沖縄支部長
そして、私、松井宣治が本連載のために集まりました。
この大会は1987年に亡くなった空手界、格闘技界に多大なる影響を与えた梶原一騎先生の追悼記念大会として行われ、空手
各団体のチャンピオンを集めてワンデイトーナメントで優勝を争うという画期的な大会であり、K-1の全身ともなった大会でした。
参加団体は世界空手道連盟から士道館と真樹道場、後にK-1を大成功に導いた石井和義館長(当時、現在は宗師)率いる
正道会館、他に佐藤塾、白蓮会館、誠心会館など。
4人の師範方からは空手を始めたキッカケ、トーナメント参加の経過、当時の常勝軍団正道会館の選手との闘いについて、
今だから言えるエピソードなど、話題は尽きることなく興味深い対談となりました。ぜひ一読をお勧めします。
「前編」「中編」「後編」とわけて第35回目「前編」は12月23日発売号、第36回目「中編」は2014・
1月
23日発売号、第37回目「後編」は2月23発売号に掲載となります。


 左から、松井宣治、白蓮会館・杉原正康館長、真樹道場・後藤介宣副代表、同じく真樹道場・安里昌明沖縄支部長