極真王者・魂の系譜はこちらをご覧ください。

第1回目・第2回目・第3回目は小林由佳さんと西山亨師範にご登場願いました.。

第4回目・第5回目はキック界のチャンピオン猪狩元秀師範にご登場いただきました。



第4回目・第5回目は創世記のキックボクシングを沢村忠、藤原敏男らとともに支えたチャンピオン
猪狩元秀師範にご登場いただきました。
1978、全日本ミドル級チャンピオン獲得。1979、WKA世界ミドル級チャンピオン獲得。
現役を引退した後は、高校のときから始めた日本拳法協会に戻り後進の指導にあたり、
1986年には日本拳法協会師範(五段)に就任しました。
その後、正道会館の石井館長と出会いK-1レフェリー、審議委員も務めています。
2007年、NPO法人日本拳法協会理事長(九段)に就任し現在に至っています。
その猪狩師範から、日本拳法を始めたきっかけからキックボクシングでプロデビューに至るまで。
キックの世界で頂点を極めたときの戦法やトレーニング方法。
そして、現在日本拳法を通して伝えたい武士道精神とは・・・等、さまざまな事柄について伺ってきました。
ぜひ、一読をお勧めします。
前編」「後編」とわけて第4回目「前編」は10月23日発売号、第5回目「後編」は11月23日発売号
に掲載となります。

                    猪狩元秀師範と、師範ご自宅にて