第13回全日本空手道選手権大会・第4回全日本クラス別空手道選手権大会 入賞者一同


拝啓 皆様におかれましては益々ご清栄のこととお慶び申し上げます。

さて、9月27日(日)川崎市とどろきアリーナ・メインアリーナにて開催されました第13回全日本空手道選手権大会及び第4回全日本クラス別空手道選手権大会は皆様の暖かいご支援ご指導のもと無事終了することが出来ました。心より感謝いたします。
本当にありがとうございました。

本年度は第13回全日本空手道選手権大会参加選手24名、第4回全日本クラス別空手道選手権大会参加選手65名。計89名の選び抜かれた選手たちが全国から集まりました。

第13回全日本空手道選手権大会におきましては、杉澤一郎(勇志会)選手が、今年の第24回POINT&K.O.全日本空手道選手権大会に続いて見事、優勝することが出来ました。

また、山田哲也(講士館)選手も70kgと軽量ながらレベルの高い無差別の本大会においてスピードと技術で準優勝に輝き軽量級の可能性を見せてくれました。

全日本クラス別では新たな試みとして高校生クラス、シニアクラス(50歳以上)、女子クラス(38歳以上)を設けました。
シニアクラス(
50歳以上)女子クラス(38歳以上)は人数は集まりませんでしたが、年齢を感じさせない白熱した試合は多くの感動を誘いました。

本大会を全般的に顧みますと接戦の末、僅差で敗れていく選手が数多く見られレベルも伯仲し、全日本の名にふさわしい素晴らしい大会になってきたのではないかと自負している次第です。

今後も日本国際空手協会の全日本大会では空手に情熱を傾けた多くの空手修行者が、安心して精一杯技と力と精神を競い合える、そういう大会造りを今後も目指していきたいと考えております。

今後とも、この大会が空手を学んでいる稽古生の大きな目標となり夢のある大会となりますよう精一杯、努力精進していきますゆえ、より一層のご指導ご鞭撻のほどよろしくお願い申し上げます。

大会結果

 

第13回全日本空手道選手権大会

優 勝             杉澤一郎(勇志会)

準優勝             山田哲也(講士館)

第3位             鈴木勝也(真道会)

第4位             三田啓介(勇志会)

敢闘賞             吉川耕一(昭武館)


第4回全日本クラス別空手道選手権大会

高校生クラス・軽量級

優 勝             砂川貴蓮(勇志会)

準優勝             川瀬光輝(郷英館)

3位              富岡正勝(拳聖会)

4位              秋山 唯(拳聖会)

 

女子クラス          

優 勝             木村敬代(カラテスクール)

準優勝             小野寺希和(寺西道場)

3位             中島ひかる(西山道場)

4位             安藤真奈美(勇志会)

 

女子クラス(38歳以上)

優 勝             治久丸文子(孝真会)

準優勝             市塚優子(北斗会)

 

シニアクラス・軽量級(50歳以上)

優 勝             西岡 務(白蓮会館)

準優勝             浦田昌美(茅ヶ崎空手同好会)

 

シニアクラス・軽量級

優 勝            平岡成夫(昭武館)

準優勝            安元新太郎(白蓮会館)

3位             工藤栄一(栄光会館)

4位             吉川哲也(青育塾)

 

シニアクラス・重量級

優 勝            西久保光弘(精鋭会)

準優勝            市塚 望(北斗会)

3位             日高 実(勇志会)

4位             大兼久真一(勇志会)